中村扇雀の公式ブログ

「虎之介インタビュー記事」

2022年11月22日

エンタメ特化型情報メディア スパイス

虎之介の中村座でのインタビューが掲載されています。
ぜひご覧下さい。

https://spice.eplus.jp/articles/310597

この記事のURLコメント(7)トラックバック(0)

「11月12日父の三回忌」

2022年11月13日

6月末よりホームページが不正アクセスを受け閲覧できない状態が長く続いておりました。
ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
それ以降ブログ更新をしていませんでしたが、父の三回忌を機に再開いたします。

その後7月松竹座・8月歌舞伎座・10月平成中村座公演と出演が続き今月も中村座で宮藤官九郎さんの新作を含めた3演目に出演しています。

コロナの影響を受けつつも代役を立てるなどの方法で公演が続きお客様もほぼ100%の状態でご来場して頂けるようになって、徐々に正常な状態に戻って来ていることが何よりも嬉しく、精神的に余裕が出始めている気がします。

さて、父が亡くなって丸2年三回忌を迎え日に日に思うことは父が目指してきた事を引き継がなくてはと言う思いが増していると言う事です。
昨年の12月に曽根崎心中のお初を努め、その責任や必要性を強く感じています。

平成中村座に出演していると、30年余り哲明(のりあき)さん(18代勘三郎さん)と芝居を作ってきた事が走馬燈のように思い出されますが、その全ての経験が今自分の舞台に出ているのだなと思うと感慨深いものがあります。ハエの逸話をご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今月は何度も楽屋や舞台に姿を見せてます。

亡くなった父が姿を変えて目の前に現れたのは亀でした。今年の5月の休暇で何年振りかで父の好きだったハワイに家族で訪れた時、ワイキキの人が大勢泳いでる岸から20m程のところで突然私たち家族の目の前に体長70cmほど亀が海面に顔を出し私たち家族と目があったのです。全員が父を感じたのです。
言葉で説明しづらいのですが、父が亡くなる前日の夜に叔母の中村玉緒の枕元に父が現れ、叔母がすぐに私のところへ電話かけお兄さん大丈夫と会話をした翌日父が亡くなったのでしたが、人の脳はいろいろなものを感じているのではないでしょうか。それによって勇気づけられたり力が湧いたり。何か方向が見えるきっかけになったり。

会話では伝えてもらわなかった父、祖父、曽祖父そして先祖の思いを何か感じ取ってそれを体現して次に繋げていくことが今の最優先事項なんだなと、父の三回忌で改めて感じています。

この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)

「「パンドラの鐘」シアーターコクーン」

2022年6月22日

https://www.bunkamura.co.jp/streaming/article?id=20220622&waad=XsrjGRDZ&ugad=XsrjGRDZ

本日6月22日18時ストリーミング
明日からアーカイブ放送

私は出ていませんが是非見て下さい!

先日コクーンに観に行って来ました。
「パンドラの鐘」
野田秀樹作 杉原邦夫演出
片岡亀蔵他出演

この3点で観なくてはと決めていました。
野田さん演出の「パンドラの鐘」も以前見ていますし、今回は木ノ下歌舞伎でも活躍し歌舞伎座の弥次喜多も演出している旧知の杉原さんが演出とあっては期待せずにはいられません。
ネタバレになることは書けないのですが、杉原さんの中に歌舞伎へのオマージュを感じました。そして、全ての役者さんが素敵に輝いていました。
野田さんの思いもしっかり伝わっています。御本人も読み合わせには参加され、公演初日を観に行って大変喜んでらっしゃいました!

劇場に行けない方、是非WOWWOW放送をお見逃しなくご覧下さい!

IMG_20220622_0001.jpg

この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)

「坂東竹三郎さんご逝去」

2022年6月22日

竹三郎さんご逝去の連絡ありました。
父と同世代で今だに舞台で活躍していらした生き字引のような先輩でした。
来月松竹座公演にはお名前もあり久し振りにお会いできることを楽しみにしていました。

普段は「ひろ君」と私の本名で気軽に呼んで下さり、私の生まれる前の上方の先輩たちの話をよくして下さり色々とお教え頂いたのも嬉しい財産です。
虎之介の成長もとても喜んで下さり、一座していない時など、今月はどうしてるの?見にくるの?と、いつも気にして下さいました。
父、秀太郎さんそして竹三郎さんと上方の女方を失った損失は計り知れません。
ジャラジャラしたまとわりつくような上方独特の空気感というのは一朝一夕に身につくものではありません。残った私たちでその芸の継承をしっかりしていくことが先輩たちへの約束と思っています。

竹さん(生意気にもこう呼ばしていただいてました)の数々舞台姿を目に浮かべここに心からご冥福をお祈り致します。

この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「「勢獅子」6月歌舞伎座」

2022年6月19日

5月は舞台お休みとなり6月歌舞伎座に戻ってきました。
今月は「勢獅子」で久しぶりにご一緒する雀右衛門さんと芸者を勤めています。
淡い紫の衣装は滅多に着ないのですが帯に季節の花をあしらい季節感が出ていると思います。
今月の2部は「信康」というあまりでないお芝居とこの「勢獅子」の対照的な2作品でお客様をお迎えしています。「信康」は染五郎君が初主役で体当たりで悲劇の主人公を好演していて初日以来お客様の入りも尻上がりで評判も良く一緒に2部に出演している身として嬉しい限りです。
8月公演からはやっと松竹も重い腰を上げて客席を花道の横を除く100%近い収容率に上がることになりました。
他の劇場は昨年来収容率を上げていていつになったら歌舞伎は戻るのだろうと今か今かと首を長くして待っていたので少し安堵しています。
TVで海外のスポーツイベントは全てマスクなしで大歓声に包まれている放送を見ると日本の対応の遅さに苛立ちを覚えてしまいます。
何はともあれ来月の松竹座もほぼ100%でお客様をお迎えして「船乗り込み」も開催予定ですので、少しづつでも元の形に戻って、離れてしまったお客様に再び劇場に戻って来て頂けるように良い舞台を作っていくことに集中したいと思っています。
あとは大向うが松竹の英断で許可される日を心待ちにするのみです。

今月の舞台写真「勢獅子」芸者"お駒"です

IMG_20220608_00020.jpg

写真:歌舞伎座

舞台写真入りパンフレットが販売となりましたので私がお名前を書いてサインしたものをご希望の方にご郵送致します。

一部¥1,610(¥1,300+送料¥310・消費税込み)

コロナの影響で郵送のみの受付となっております

ご希望の方はお名前ご住所を明記のうえ
下記のアドレスに部数を添えてお申し込み下さい。
入金方法を折り返しお知らせします。入金確認後に郵送させて頂きます。

ご応募お待ちしています。
締め切りは6月27日千穐楽正午(12時)とさせて頂きます。

suzumenokai@senjaku.com


2022.6歌舞伎座.jpg


また、後日ブロマイドも歌舞伎屋本舗にて販売予定です。
そちらも楽しみにお待ち下さい。

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「4月歌舞伎座舞台写真入りパンフレット」

2022年4月22日

舞台写真入りパンフレットが販売となりましたので久しぶりに私がお名前を書いてサインしたものをご希望の方にご郵送致します。

一部¥1,610(¥1,300+送料¥310・消費税込み)

コロナの影響で郵送のみの受付となっております

ご希望の方はお名前ご住所を明記のうえ
下記のアドレスに部数を添えてお申し込み下さい。
入金方法を折り返しお知らせします。入金確認後に郵送させて頂きます。

ご応募お待ちしています。
締め切りは4月27日千穐楽正午(12時)とさせて頂きます。

suzumenokai@senjaku.com

今月の役
「時鳥花有里」の白拍子三芳野の舞台写真です。
IMG_20220409_0001.jpg

IMG_20220409_0015.jpg

写真:歌舞伎座

また、後日ブロマイドも歌舞伎屋本舗にて販売予定です。

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「祖父二世鴈治郎命日」

2022年4月13日

4月13日は私の祖父二世鴈治郎の命日です。
昭和58年亡くなりましたので39年目、年回忌として呼び方はないと思いますがあえて言えば40回忌に当たります。
私が大学を卒業したのが同じ昭和58年の3月なのでその年の5月南座で8歳から14年ぶりに舞台に立ってから39年の月日が流れたことに感慨より驚きです。

2月コクーン歌舞伎のことも、コロナに罹患した事、その後の事なども文章にすることなく時が過ぎてしまいました。

満席のコクーン歌舞伎の熱気はコロナ禍以前を思い出し役者として生きてきたことの喜びを久しぶりに感じた。最後の2日間チケットをを購入して頂いて下さった方にあまりにも遅ればせながらですが、お詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。
この2年間何が、誰が、悪いわけでもなく、ただ現状を受け入れるしかなく、それに対応すべく色々な試みがネット上という新しい空間の中で行われ、新しい文化や流れが時代に即応して生まれてきていることの凄さを感じつつ、自分は傍観者になっていることに、何かしらの不安や焦燥感を抱きつつ時だけが過ぎている。
その間、父が亡くなり、秀太郎のお兄さんが亡くなり、上方歌舞伎をこの先継承していくことが生涯の目標の一つと思っている自分は今日、祖父の命日に「不忘初心」の気持ちを新たに書いてます。
コロナ禍以前の歌舞伎はどこに行くのだろうか。

先週靖国神社の薪能を拝見しに行き心の中の鬱憤が晴れる思いがして、この気持ちを決して忘れてはいけないと強く感じた。古典、伝統、文化、芸術、継承。敬愛する世阿弥の多くの言葉を頭に浮かべ、舞台を食い入るように見て、目の前の全てのことを感じることに集中する楽しさ、心地良さ。この感覚を演者として忘れないこと。
3月末に新橋演舞場でOSKの舞台を観た時も同じことを感じた。客席にいる楽しさ。しかしそれは演者や関係者全ての人が気持ちを一つにして命懸けで作るものでなくてはいけないのでしょう。このコロナ禍に多くの舞台や映画を見てきて歌舞伎を振り返る機会が自ずと増えてきた。
名優と言われた祖父は何を思い何を願い役者人生を歩んだのだろう。
本人に聞けないのだから残された書物を読むもよし、自分なりに空想するもよし。

今舞台に立てていることを改めてご先祖様に感謝を。そして「不忘初心」。

この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)

「舞台復帰」

2022年1月23日

本日23日より濃厚接触者の隔離期間を終え健康観察期間が過ぎました虎之介と共に歌舞伎座の舞台に立たせて頂きます。
休演期間中にご来場下さったお客様に改めてお詫びを申し上げると共に、その間ご尽力くださった関係者の皆様には心より感謝申し上げます。
残り5日間となってしまいましたが精一杯努めますのでよろしくお願い申し上げます。

参加出来ていなかったコクーン歌舞伎の稽古も今日から参加となりますが初日まで10日と日が迫っていますのでこちらも集中して進めてまいります。

報道を見ていますと、どこに感染源が潜んでいるか予測できず、注意に注意を重ねても罹患してしまう可能性があり神経をすり減らす日々です。

何にもせよ舞台に戻れることに感謝し日々を大切にと思っています。

月末には歌舞伎屋本舗からブロマイドが販売されると思いますが休演期間にいらした皆様の為に舞台写真を掲載させて頂きます。

「一條大蔵譚」常盤御前

IMG_20220111_0002.jpg

IMG_20220111_0007.jpg

IMG_20220111_0015.jpg

写真:歌舞伎座

千穐楽まで無事に努められることを祈り歌舞伎座に向かいます。

この記事のURLコメント(10)トラックバック(0)

「お詫び」

2022年1月17日

一昨年前から始まったコロナのパンデミックに長男虎之介が巻き込まれ、オミクロン株と診断され歌舞伎座を休演する事が余儀なくされました。
同居している私は濃厚接触者判定となり、共に休演の対象となってしまい自宅待機の指示を受けることとなり、多くの方にご迷惑をかける事態となり増したことをこの場を借りて、心よりお詫び申し上げます。

急遽代役に立ってくださった歌女之丞さん、京蔵さん、國久さんに御礼申し上げます。

また、同じく濃厚接触者に該当する可能性があり中村七之助、中村橋之助、中村 福之助、中村歌之助がのみなさんが休演の対象となってしまい楽しみにしていらしたファンの皆様にご迷惑をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

幸いにも虎之介の症状は無く、保健所の指導の元自宅隔離をいたしております。
日にち経過を見て改めてPCR陰性を確認してからの復帰となりますのでその時には改めてご報告いたします。
感染者14日間濃厚接触者10日間の規則に乗っ取り復帰する予定です。

2月コクーン歌舞伎の脚本が8日に出来上がり10日に初めて皆で集まり本読み第一回目を行い、翌11日は歌舞伎座の休演日と重なり休みを挟んで12日に第二回目の読み合わせをして13日から立ち稽古という矢先の出来事で、2月のコクーン歌舞伎の準備にも影響が出てしまい、申し訳なく思っています。関係者の方々にもお詫び申し上げます。
私自身は全く体調不良がなく陰性判断でワクチンも2度打っていますが、待機しなくてはいけない現状が残念でなりません。

マスコミ発表から私自身のご報告が遅れましたことも重ねてお詫びいたします。

皆様もオミクロン株は感染力が強いようですので手洗い、うがい、消毒、マスクのご励行をお勧め致します。

一日も早い収束を願っていますがゼロになることは現実的ではないと思われますので少なくとも2類感染症から5類感染症への一日も早い変更を政府が決断することを願うばかりです。

この記事のURLコメント(12)トラックバック(0)

「初芝居」

2022年1月 3日

1月2日歌舞伎座が初日を迎えて新年の舞台もスタート致しました。

勘九郎さんの平成中村座での襲名以来久し振りに「一條大蔵譚」の"常盤御前"を努めています。
勘九郎さん、七之助さん、獅童さん、歌女之丞さんと気心の知れたメンバーで良いチームワークで臨んでいます。
歌舞伎座も客席の稼働率を68%に上げて初日は完売の幕開けとなり、やはりお客様の入りが少しでも多いことは励みにもなりまた劇場の雰囲気のボルテージも上がります。
素晴らしい初春の幕開けとなりましたこと御礼申し上げます。

今年も舞台で存分に楽しんで頂けるよう精一杯努めますので多くの皆様のご来場をお待ちしています。

私の出演している歌舞伎座1部で獅童さんのお子さん小川陽喜(おがわはるき)君の初お目見えが披露されていますが愛らしくデビューを飾っていますので、末永くご贔屓にしていただくようお願い致します。

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)