中村扇雀の公式ブログ

「歌舞伎のこと」記事一覧

「残暑お見舞い申し上げます」

2018年8月26日

納涼歌舞伎も明日千穐楽を迎えるところまで来ました。

今年の夏は猛暑と自然災害が日本列島を襲い流れてくるニュースに驚かされてばかりで、連日休みなく舞台出演している身としてはお見舞いを申し上げることしかできません。

劇場にご来場くださった皆様には、日常を離れ楽しんでいただきたいという気持ち日々舞台を努めています。

今月の歌舞伎座は二役努めていますが双方とも初役で新しい挑戦をしています。
「花魁草」は平成23年の8月に福助さんと獅童さんで上演され、その時は今回萬次郎さんが努めてらっしゃる"菊岡の女将お栄"で出演していました。昭和56年の初演以来歌舞伎では二度目の上演でした。私自身も知らない演目でしたので初めて台本を読んだ時によく書けている素敵なお芝居だなと感じていました。
昨年の野田マップ公演「足跡姫」を観に来てくれた獅童さんと、終演後飲みに行った時の会話の中に「花魁草」の話が出て、いつか一緒にやりたいねとお互いにこの演目が好きだということを確認していました。
今夏の納涼歌舞伎の演目選定の過程で松竹の方から獅童さんと一幕お願いしますと提案があった時に色々な候補が出たのですが、「花魁草」は両方の気持ちが一致していた演目でしたので松竹の方も賛同して下さり今回の上演となりました。

演ってよかった!
この一言に尽きると思います。北条秀司先生は女性を書くことに長けてらして"お蝶"という役の気持ちの移り変わりが見事に描かれています。毎日演じていて、毎回その日その日の"お蝶"が息吹いています。共演の獅童さん幸四郎さん梅枝さんもそれぞれ役の息吹が感じられ素晴らしい舞台になったのではと自負しています。
獅童さん演じる幸太郎がまた芝居の世界に戻って行ってしまうということを感じ始めてから、その悲しさを相手に隠し続けるところは日々表現が変わっているかもしれませんが、"お蝶"という人物の人生を表現していることは楽しくもあり面白くもあり日々充実しています。
作品との出会いは運命みたいなものですが、いい作品の出会えたと喜んでいます。

「雨乞其角」は若手の皆さんをお客様にご紹介の意味も含めて選ばれた演目です。
私自身も普段あまり共演できない皆との舞台は新鮮です。
この演目は藤間流宗家の演目で藤間会で素踊りで上演されたのみで歌舞伎の演目として衣装とかつらをつけての上演は初めてです。
宗家勘十郎さんが道具に趣向を凝らしてくださり風情のある一場となったと思っいます。
大道具さんが下絵を持ってきてくださった時に隅田川の絵がありなにか物足りない気がしたので中村座とスカイツリー(に見立てた火の見櫓)を書き足してもらいました。
舞台上手(右)に中村座、下手(左)にスカイツリー(に見立てた火の見櫓)が描き込まれています。気づいた方はいらっしゃらないと思うのですが、ちょっとした遊び心です。
これから10年20年後の歌舞伎を背負って立つであろう皆さん。お客様同様私も楽しみです。

さて私事ですが母校・慶應高校の甲子園出場に胸踊らせ歌舞伎座の楽屋から声援を送っていましたが残念ながら二回戦敗退となってしまいました。残念ではありますが画面に写った後輩たちは達成感に溢れ人生の中で得難い貴重な体験をしたと思います。出場できなかった部員のみんなそして応援してくれた学友達と生涯の友としてこの経験を活かしてほしいと願っています。

また先日、津川雅彦さんの訃報に接し心よりお悔やみ申し上げます。
芸能の世界に生まれた先輩として良きアドバイスまたエールを沢山送ってくださいました。
幼少の頃より歌舞伎とも接しご自身の役者・演出家としての感覚でやさしく歌舞伎を見てくださっていました。心から芸を愛してらしたのだと思います。今年亡くなられた奥様の朝丘雪路さんも日本舞踊深水流の家元としても活躍され父も何度も共演をし深川マンボという名作を生み出されています。宝塚では母とほぼ同期でしたので身近に感じていました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

この記事のURLコメント(12)トラックバック(0)

「納涼歌舞伎・舞台写真入番付」

2018年8月25日

納涼歌舞伎の舞台写真掲載のプログラムが21日より販売となりましので、私がお名前を書いてサインしたものをご希望の方にご郵送致します。

一部¥1.600(送料・消費税込み)

尚、劇場受け渡しご希望の方は引換希望とお申込みの際にお知らせ頂ければ定価にてお渡し致します。

ご希望の方はお名前ご住所を明記のうえ
下記のアドレスに部数を添えてお申し込み下さい。
入金方法を折り返しお知らせします。入金確認後に郵送させて頂きます。

ご応募お待ちしています。
締め切りは27日千穐楽正午(12時)とさせて頂きます。

suzumenokai@senjaku.com

番付_20180825_0001.jpg

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)

「ロシア公演」

2018年5月23日

今年の9月にモスクワとサンクト・ペテルブルグで歌舞伎公演が行われ参加することになり
21日の午前中にロシア大使館内で記者会見を行い正式発表となりました。

http://www.kabuki-bito.jp/news/4741

海外公演は今回で6回目となりますがこの公演がチェーホフ演劇祭に参加している事に意義があると思います。
かつてルーマニアのシビウでの演劇祭に中村座として参加した時に各国の様々な演劇に触れたことは素晴らしい経験でした。井の中にいてはいけないと痛感した覚えがあります。

今のコクーン歌舞伎の演出・串田和美さんも野田歌舞伎の野田秀樹さんも海外の演劇と深くつながっています。そのエッセンスを歌舞伎に持ち込んで下さっていること。又それを受け入れていることは歌舞伎にとってありがたいことだと思っています。

海外での歌舞伎公演は現地の多くの方にご覧いただきたいのですが、日本の方にも現地に赴いて海外での歌舞伎の評価というかお客様の反応を感じていただきたいですね。

ロシア公演とは関係ありませんが記者会見に松竹株式会社 経営企画部 広報室
ちょろ松が来ていたのでツーショット。
皆さん宜しくお願い致します。

IMG_6910.jpg

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)

「残り一桁に。」

2018年5月23日

残り9日、コクーン歌舞伎らしい仕上がりになった今回の「切られの与三」
お客様のとの距離が近く雰囲気は歌舞伎座とも違う一面があり、カーテンコールを連日していると歌舞伎座も通常カーテンコールがあっていいのかな等と感じています。

七之助さんの18日の誕生日にはカーテンコールの最後にハッピーバースデーをピアノのキョンさんに弾いてもらい劇場内、客席や舞台皆で合唱は歌舞伎座では観られな光景でした。

IMG_6880.jpg

お客様の反応も様々ですが、今迄出演をしたコクーン歌舞伎の中では1番運びがよくわかりやすく筋も入り組んでなく、休憩が10分と15分2回あり見やすいような気がしています。
休憩が長いと食堂などないコクーンでは休み疲れしてしまうこともあるかもしれません。
3幕に別れる構成もそれぞれの幕の持っている色が違うこともあり興味がそがれないと思います。新しいコクーン歌舞伎の作品が生まれたのではないでしようか。

このコクーン歌舞伎が将来古典に昇華するかどうかが作り手の課題、あるいは使命だと思います。歌舞伎の中に流れている古典の力を現代に融合させる場がコクーン歌舞伎なのではないでしようか。

残り日数が一桁になりましたが当日券もございます。

是非新作のコクーン歌舞伎に足をお運び下さい!

この記事のURLコメント(10)トラックバック(0)

「コクーン歌舞伎「切られの与三」」

2018年5月 9日

4月10日からコクーンの稽古場スタジオで稽古が始まり5月4日からシアターコクーンに入り舞台での稽古に移りました。
その間1日だけ休みを取りあとは集中して新作を創り上げる作業に集中しています。

今回の「切られの与三」は音楽がまず注目点です。
古典を現代に活かす方法は各種ありますし実際に試されています。
演技の中にもコクーン歌舞伎は歌舞伎役者と串田さんの母体である自由劇場で育った方々また初めてコクーン歌舞伎に参加する役者さんと多様です。
自ずと台詞術や体のこなしもそれぞれ違っていますがその融合体であることをまず前提に観て頂くことは寛容だと思います。
歌舞伎の伝統から生まれた法則やルールまたは型と呼ばれているものがコクーンでは枠が取り払われているとお考え下さい。
それを踏まえた上で新しく生まれた「与話情浮名横櫛」を楽しんで頂きたいと思います。

ポスターやパンフレットには私は観音久次の一役が書かれていますが、舞台では講釈師、和泉屋多左衛門、観音久次の3役を務めています。

新作のコクーン歌舞伎を是非御覧下さい。
チケットはこのホームページからもまた当日券もございます。

お待ちしています。そしてご感想もお寄せ下さい。

稽古場でのミュージシャン
心地よい驚きになると思います。

IMG_6845.jpg

この記事のURLコメント(14)トラックバック(0)

「虎之介トークイベント」

2018年5月 1日

虎之介トークイベント.jpg

チラシのとおり虎之介がトークイベントに参加いたします。
昨年の8月歌舞伎座出演から舞台は遠ざかっていますので、連休中ですが是非ご参加下さい。

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「岩波文庫「与話情浮名横櫛」」

2018年4月15日

コクーン歌舞伎上演演目
瀬川如皐作「与話情浮名横櫛」が岩波文庫より出版されています。

CA983C56-4D63-4C6D-87AF-E5F215A85DE1.jpeg

かなり分厚い本ですが、初日は5月9日ですので参考に一読をお勧めします。
コクーンでの上演台本は上演時間の関係や演出の串田さんの構想でかなりの部分で手を加えられ創作の部分もありますのでこの原作の流れを一度体験してから舞台を見られるのもまた面白いかもしれません。勿論前知識なしでご覧になるのも楽しみ方の1つですので必ずお読み下さいというものではありませんが、古典に触れる機会が日頃少ないと思い、ご参考までに紹介致します。

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)

「錦祥女を努めて」

2018年3月30日

3月歌舞伎座大歌舞伎も27日に千穐楽を迎え25日間の全日程を終了しました。
ご来場下さった皆様、心から御礼申し上げます。

歌舞伎座は全国の劇場や会館、ホール等演劇を上演する全てのスペースの中でも特別な場所で、この場所で役を演じることの責任や重みをいつも感じます。
今回は初演(文楽)時に17ヶ月ロングランの記録を作った近松門左衛門の名作「国性爺合戦」
の久し振りの上演で、"錦祥女"は多くの先輩が演じた役でもあり楽しみにしていた演目でした。

3月19日の「国性爺合戦」でも話しましたが
約300年程前の近松門左衛門の名作を歌舞伎に移した演目で今回も文楽の上演床本を練り直し近々の歌舞伎上演の台本に数か所の手直しを自分なりに入れて舞台に臨みました。

今回の4場は錦祥女と義理の母である渚と2人の女性の葛藤が中心となった人間ドラマであり渚を務められた秀太郎のお兄さんとの母娘がドラマの中心となっています。
義太夫狂言を得意となさるお兄さんとの共演は大変楽しくまた勉強にもなります。
常々役を好きになることをモットーにしていますがこの"錦祥女"は演れば演るほど好きになっていった役となりました。

楼門の上に城主の妻としてあらわれ約20年振りの父との再開、旦那様と父、義母の間に挟まれての葛藤。そして自害して義を立てる気高さ。
どこをとってもやり甲斐があり、そして普段着ることのない中国風の衣裳に派手な冠を乗せた鬘と楽しい限りです。

楼門の場では門の上ということもあり動きが少なく義太夫中心ですのでお互いの息が一番重要になってきます。六大夫さんと燕太郎さんの竹本のコンビと25日間25回努め、問題点や改善点等話し合いを進め結果が得られたと思っています。歌舞伎の大夫さんは文楽の太夫さんに稽古をしてもらうこ通常は無いので録音を聞いて勉強しているのですが、本作品に限らず義太夫の持っている魅力を歌舞伎という形態を通して更に表現していくこと。それは大きな目標です。

言葉が難解な部分はありますがお客様に近松門左衛門の作品の素晴らしさが伝わればと願いつつ舞台に立っていました。
大好きになった"錦祥女"、再び演じられる事を願いつつ5月コクーン歌舞伎に気持ちを切り替えます。

1ヶ月ありがとうございました。

この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「日本芸術院賞」

2018年3月24日

平成29年度(第74回)日本芸術院賞授賞者に選出して頂きました。

歌舞伎美人のインタビューにもお答えしましたが、初舞台から半世紀の時が流れ改めて歌舞伎の家に生まれ歌舞伎に携われていることを幸せに感じています。

人生という限られた時間軸の中で、与えられた運命を、この先も歌舞伎を中心に様々な形で表現者として過去・現在・未来すべてのことに感謝の気持ちを忘れずに自分なりに生きていく事を楽しみたいと思っています。


この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「舞台写真入り番付の販売開始」

2018年3月22日

三月大歌舞伎の舞台写真掲載のプログラムが21日より販売となりましので、私がお名前を書いてサインしたものをご希望の方にご郵送致します。

一部¥1.600(送料・消費税込み)

尚、劇場受け渡しご希望の方は引換希望とお申込みの際にお知らせ頂ければ定価にてお渡し致します。

ご希望の方はお名前ご住所を明記のうえ
下記のアドレスに部数を添えてお申し込み下さい。
入金方法を折り返しお知らせします。入金確認後に郵送させて頂きます。

ご応募お待ちしています。
締め切りは27日千穐楽正午(12時)とさせて頂きます。

suzumenokai@senjaku.com

2018年03月22日08時22分48秒.jpg

この記事のURLコメント(2)