中村扇雀の公式ブログ

「歌舞伎のこと」記事一覧

「「関西・歌舞伎を愛する会 第二十九回 七月大歌舞伎」」

2021年7月18日

7月3日に2年振りに松竹座で関西・歌舞伎を愛する会の公演が初日を迎え1年半ぶりに松竹座の舞台に立てたのは本当に本当に感無量です。
コロナ禍で恒例の船乗り込みもなく劇場も花道の横4列縦全て空席で、その他も虫食い状態の客席で大向うなし続いていますが、歌舞伎公演を再開できた事に意義があると思っています。
ただ、大阪での再開を心から望んでらして出演予定だった秀太郎のお兄さんが逝去され、そのお姿に舞台上でお目にかかれないとは思ってもいませんでしたの、残念でなりません。
改めてご冥福をお祈りいたします。

その楽しみにしていた初日2日前に兄の鴈治郎が濃厚接触者認定の可能性があるので稽古を休むと連絡が入りました。稽古は6/30.7/1.2の3日間しか予定されておらず、その2日目の7/1の稽古は伊勢音頭のお鹿を千寿さんそして、新口村は忠兵衛と孫右衛門の部分は全て中止で万歳、才造の部分だけの抜き稽古となりました。
急遽PCRを受け直し結果を夜まで待って下さいとの指示が出ました。
しかし濃厚接触者の認定を受けると陰性でも14日間の隔離待機となる為休演をしなくてはいけません。楽屋内では代役の話が持ち上がり、仁左衛門のお兄さんがあんたがやったらええやんとおっしゃていて、私自身も芝居は熟知していますし、身内のことで周囲にご迷惑をかけたくない気持ちもあり、梅川は壱太郎と思ったのです。松竹の制作の方ともすぐに話し合い濃厚接触者の認定となった時はその方向で動くことが決まりました。果たしてその晩の21時過ぎに決定の連絡が入り、初日前日の7月2日の舞台稽古一回で初日を迎えることになりました。
こうしてコロナの影響でで思わぬ展開となり、久しぶりの忠兵衛と初役の孫右衛門の2役勤めることとなったのです。

さて、舞台の話に移りますがまず昼の部「伊勢音頭恋寝刃」万野のことについて。

この役は祖父の二代目鴈治郎が素晴らしかったと多くの方がおっしやっていて私もお手本にしようと思っていました。しかし数ある映像資料を調べても劇場の映像が残っていませんでした。そうなるとなんとしても手に入れたくなり自分の記憶に中にNHKのスタジオ撮りで父が福岡貢を勤めた時の万野が祖父であった記憶が蘇り、問い合わせをしたところありがたいことに過去の「芸能百選」の資料が手に入りました。祖父が手を回してくれたかのように。そこには今回多くの方「歌右衛門さん・芝翫さん・徳三郎さん・玉三郎さん・福助さん」の万野を拝見していたのですが、皆さんそれぞれ独自の色をお持ちでしたが祖父の万野はそこに仲居の万野その人が座っています。うまく言えないのですが演じているというよりその人がいると説明したら良いのでしょうか。
その映像からいくつかのヒントを得ることができました。
特に仲居であって女将さんではない。変にねちねちせずサラッとしている。もしかしたら貢に岡惚れしている。うちわの使い方。間合い。等々
団扇を皆さん役者絵の派手なものを使われますが、他の仲居と同じ音頭で使うものを使用する。前掛けも他の仲居さんと同じ赤にする。これは映像は違ったのですが、祖父の弟子だった寿治郎が教えてくれました。ほかに貢に向かい「どうなとし、どうなとし、とうなと、しいな。」を最後「どうなと、しいな」と「お」を入れています。そこは踏襲しています。とにかく岩次・北六からはおそらく多くの祝儀をもらい貢をはめることに腐心することが眼目です。お客様から憎まれれば憎まれるほど貢が立ちます。そういう役回りだと思っています。初日が開いて日を追うごとに楽しくなってくる役ですが幸四郎さんファンから憎まれれば憎まれるほど役のやりがいを感じる役で初役ですが、道の先に祖父が見えたような気がしています。

仲居 万野

20210708_005.jpg

写真:松竹

「新口村」
今回は孫右衛門・忠兵衛・梅川の3役を同じ劇場で同じ月に務めるという珍しいケースとなってしまいました。

梅川は父の相手役としては最後の役でこの役もさわりと呼ばれる部分は役者さんによって動きが違っています。ということは完成品がないということでそれが芝居の面白さなのでしょう。今回も非常に細かい部分で変えているところはいくつもあります。また、義太夫狂言ですので竹本さんとの連携が最も重要になってきます。そこで特にポイントは心。歌右衛門のおじさんがいつも仰っていた「おなか」「はら」役の気持ちです。演奏者の心も演者と同じ心にならなくてはいけません。義太夫狂言は明らかに音楽劇ですからその間合い・強弱・リズムが噛み合わなくてはいけません。節が伸びるのも好きではありませんし、故竹本住大夫師匠のお稽古でも特に息を積むことを指導され父もその部分を特に重視していました。

20210716_004.jpg

20210716_008.jpg

写真:松竹

忠兵衛は2度目ですが父の忠兵衛を思い出しつつ、昭和57年の祖父の最後の忠兵衛の舞台も見直し務めました。故郷に来た哀愁が出せればと思っています。

久しぶりに頰被りをしましたが曽祖父の初代鴈治郎が「頰被りなかに日本一の顔」と謳われたように我が家にとってとても大事な姿です。床山さんに髷の上の部分でピンで留めてもらい左右を順番に捻り左の頬で自分で結びます。顎の下に少しかけるのが案外むづかしくセリフを喋ると外れそうになるくらいの位置なのです。これをすると治兵衛がどうしても演りたくなるのはDNAなのでしょう。

_3SF8238.JPG

_3SF8280.JPG

写真:松竹

孫右衛門は今回ほぼ自分自身で作りました。心の動きの流れを時系列でリアルに追うことに重点を置き役を作っていきました。忠兵衛が罪を犯して逃亡していることを知り家への帰路見ず知らずの女性がやけに親切にしてくれ、それが忠兵衛の相手と気づき陰で忠兵衛が聞いていることを前提に胸中を吐露していきます。縁を切り養子に出したが実子への愛情が溢れ出る述懐です。そして親子の対面・別れへと繋がっていく悲劇のど真ん中にいる初老の男。忠兵衛と梅川も悲劇の中心にいますが、僕は封印切りからのこの二人は悲劇には違いないが二人にとっては二人だけの世界になれたハッピーエンドの側面も感じるべきだと。つい最近本当に久しぶりに東京宝塚劇場で「ロミオとジュリエット」星組公演を見てきたのですが、二人の悲劇が死後のダンスでハッピーエンドに見えてくる感覚を近松門左衛門の作品の中に見い出してもいいのかなとも考えています。

20210708_063.jpg

_3SF8412.JPG

写真:松竹

初日から9日間「忠兵衛・孫右衛門」13日から6日間「梅川」という変則公演となった今月も今日が千穐楽となりました。
兄の鴈治郎も13日から無事に復帰し安堵しています。

通常よりは短く各部2本の作品で大向うもなく、飲食も制限していただく中、お客様にはご迷惑をかけましたが、幕が開いた喜びを共有できたことに感謝しています。

ご来場の皆様御礼申し上げます。

この記事のURLコメント(8)トラックバック(0)

「「文七元結」本日初日」

2021年6月 2日

国立劇場歌舞伎鑑賞教室6月公演
本日初日開きました。

学生の皆さん初めての歌舞伎でこの人情噺をお見せして、隈取とか見得をきるとか、豪華絢爛な舞台をイメージして劇場に来て下さっていたら失望してしまうかも知れませんが、歌舞伎にはこんなジャンルもあるという事を知ってもらういい機会になればと思っています。

長屋のおばちゃんが出てきていきなり夫婦喧嘩ですから、客席はクスリともせず最初は静まりかえっています。しかし芝居が進むにつれてそのドラマに引きづり込まれていくのか、劇場な方はが寝ている子もいなく見てくれていましたよと報告して下さったので、少しほっとしています。

勿論、半強制的に課外授業として連れてこられるわけですから興味のない人も大勢いると思います。しかし、劇場に足を運んでライブの舞台を観る経験そのものが有意義なことなんでしょう。普段行く機会の少ない劇場に足を踏み入れて、今日各家庭に戻って家で話題にしてくれるのでしょうか?今はYouTubeもあり情報は溢れているので今日興味を持ってくれたらそこを入り口に検索してくれる事でしょう。
歌舞伎はもっともっといろんなジャンルがあって色んな演目があってとフォローしたくなります。

この公演の役目は歌舞伎という日本独自に発展した演劇に触れて知ってもらうことですから観劇を入り口に歌舞伎に少しでも親近感を覚えて興味を持ってくれたらなと思っています。

学生の皆さんだけでなく日曜日は一般の方がご覧になれる公演です。
勘三郎のお兄さんと何度となく演じシネマ歌舞伎にもなったお兼の役を、松緑さんとはじめての夫婦役で楽しんでいます。
是非見に来て欲しい演目ですので社会人の方も劇場でお待ちしています。


また既報の通り明日の夜

6月3日(木)、イープラス有料視聴チケット制のライブ・ストリーミング・サービス「Streaming+(ストリーミングプラス)尾上松緑による紀尾井町夜話特別編「紀尾井町家話(きおいちょうやわ) 第三十八夜」に出演します。

https://www.kabuki-bito.jp/news/6811/

この公演のことも含めての会話になると思いますのでこちらもぜひご覧下さい!

お待ちしてます!

IMG_2798.jpg

この記事のURLコメント(18)トラックバック(0)

「紀尾井町家話へ初出演 6月3日(木)20:00~配信」

2021年5月29日


今日から6月国立劇場歌舞伎鑑賞教室「人情噺文七元結」の稽古が始まります。

r03-06kabuki_flyer2_f.jpg]

r03-06kabuki_flyer2_b.jpg

稽古期間4日間の中で初めて夫婦役を務める松緑さんと長年連れ添った夫婦を作り上げていきます。
この"お兼"の役は亡くなった勘三論のお兄さんと何度となく務め、山田洋次監督の演出でシネマ歌舞伎にもなった私にとっては馴染みの深い演目です。
落語の人情話を歌舞伎化した作品で落語には出せない視覚の部分で歌舞伎ならではの舞台を作っていこうと思っています。

歌舞伎鑑賞教室の公演は一般の方は日曜日にご覧いただくことになっていますが
「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」という18時開演の公演が11日(金)と18日(金)に上演されます。
初めて歌舞伎を観られる方にはうってつけの演目ですので歌舞伎未経験の方に声がけしてコロナで疲弊している気持ちを払拭して下さい。

その共演する松緑さんが続けているネット配信飲み会

「紀尾井町家話」2021年6月3日(木)20:00~配信

にゲストとして初めて出演します。普段は共演機会の少ない松緑さんですが、それだけに新鮮な話が飛び出すと思います。コロナ禍で対面での会話ではなく人生初のZOOMで飲み会となるのでどうなるか楽しみです。

ネット環境のテストをしたのですが、自宅で1人で飲んで楽しいのかなという不安はあります。逆に癖になるか今から楽しみです。

https://www.kabuki-bito.jp/news/6811/

初日の次の日ですのでレアな会話が飛び出すと思いますのでこちらも是非ご覧下さい!

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「秀太郎兄さん」

2021年5月28日

歌舞伎では親戚でなくとも先輩のことを叔父さん、兄さんと呼ぶ慣習がある。
相手によつて親しみを込めて言う場合と、敬意を持って言う場合との違いがあるが秀太郎のお兄さんは私にとっては両方だった。
歌舞伎に関する知識はまさに国宝であり敬意を持ってお兄さんと呼ばせて頂いていた。
特に上方の歌舞伎を熟知してらっしゃり、江戸との違いも細かく記憶してらっしやった。
教えて下さる時も、これはこうだからこうしなさいではなく、ご自身のご存知のことを伝授して下さり、やりよかったらそうしなさいと言った教え方をして下さった。無論そこには先輩の息子ということもあり少し遠慮がちにおっしゃることもお兄さんのお人柄だったと思う。

3年前の3月歌舞伎座の「国性爺合戦」でご一緒した時に「ひろちゃん(私の本名)しんどいのよ息が」とおっしゃってらしたけれどもしっかり母渚を縄で縛られながら務められたお姿が目に浮かんで来ます。
いつも笑顔でいらして長男の虎之介のことも気にかけて下さっていてお人柄に憧れていました。

封印切のおえんで私が梅川でご一緒した時も舞台上でおえんさんの梅川に対する優しさがご自身の優しさにも被って、忠兵衛を務めていてもお兄さんのおえんさんの優しさが悲劇を浮き立たせて下さいました。
思い出はつきませんが、去年の顔見世の千穐楽に舞台にお出になられた時にご挨拶に行きたかったのですが、コロナで楽屋の行き来が禁止されお目にかかれなかったのが心残りでなりません。

愛ちゃん(愛之助さん)を養子に迎えられて、ご自身の上方歌舞伎への愛情を継承する役者さんを作られたことは大きな功績の一つだったのではないでしょうか。

今までの多くの教えに感謝し心よりご冥福をお祈りし哀悼の意を捧げます。

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「松山英樹選手マスターズチャンピオンおめでとう!!」

2021年4月 4日

都内の満開の桜もすっかり散り「まん延防止等重点措置」なるものが新たに宣言される中。
コロナ禍で気が滅入っている中。

全ての日本人ゴルファーの夢を松山英樹選手が現実にしてくれました。
ゴルファーだけでなく全ての日本人にとっても素晴らしいNEWSに違いありません。
私も18歳からゴルフを始め現在はプレーの回数は減りましたが、学生時代ゴルフ部に所属しゴルフというスポーツを生涯愛し続ける一人として、心から嬉しくおめでとう!!やったー!!と画面に向かい声を上げました。優勝決定後放送で解説の中島常幸さんが涙声になっていましたが、こちらも感動で早朝から涙ぐんでいました。

スポーツで死闘を繰り広げた後の勝利の感動は筋書きのないドラマとして最上級の感動を与えてくれます。素晴らしい。人生の目標を達成できた松山選手が後輩たちのゴルファーにとってゴルファーとしての、いや人としての目標になることは間違いなく、年長の私も心から敬意を抱きました。徹夜でTVに釘付けになり素晴らしい瞬間を共有できた事に感謝してます。

ゴルフやスポーツに縁のない方には伝わりにくいかもしれませんが、今日の優勝は歴史に名を残すことは間違いありません。
常人には理解できない程の物凄い量のトレレーニングと練習を積んだことでしょう。表彰式の後にチーム松山としてスタッフと写真に収まっていましたが、一人だけで勝ち取ったのではないという彼の雰囲気が素敵だった。同じ方向を向いている仲間がいることは人生の中での最高の財産だと思う。
それは彼の人柄もあるのだろう。素晴らしいことです。


私自身は、先月の千穐楽から日を空けず3日から4月大歌舞伎が歌舞伎座で幕を開けています。
ご存知とは思いますが、3月公演のオンデマンド放送並びに歌舞伎屋本舗のホームページで番付やブロマイド販売もネット上で公開されています。劇場にお越し頂けなかった皆様はこちらでご覧下さい。

歌舞伎オンデマンド

https://www.kabuki-bito.jp/news/6335/


4月歌舞伎座も引き続き客席は50%の使用率で大向うは禁止の措置は続いています。
コロナいつ迄続くのか楽屋でも役者同士の挨拶もできず、楽屋への入室は家族も禁止でお花も禁止がもう1年です。
楽屋口で検温、消毒そして楽屋の廊下もはこんな感じで仕切られています。

IMG_2583.jpegのサムネール画像

本当にコロナ感染に対しては神経を使っています。

感染者の数が毎日発表されますが、年代別より細かい地域を地図で示すことはできないのだろうかといつも思っています。確認された場所を知らせて貰えれば注意の仕方も変わってくる気がするのは間違いなのだろうか。
この辺は気をつけようとかなると思うのだけど、どうなのだろう。もっと重点的にピンポイントで狭い範囲で集中的に感染防止はできないのだろうか。風評被害とかでダメなのだろうか。早く収束させるにはただマスクや消毒、三密回避と言われても、街を歩いていても、地下鉄に乗っていても、お店に入ってもソーシャルディスタンスはほとんど無視されている。
やはりマスクを外しての飛沫感染が原因だからマスクをする習慣のある日本では爆発的に広がらないのだろうか。
感染した人が経路をわかっている人はこういう状況で感染したと具体的にもっと伝えたらそれを回避するようになるのではないか。飲食店を一律時短にするやり方は策がなさすぎる気がしてならない。

歌舞伎座も幕見席を現在使っていないのでその前にアクリルパーテーションを立てて、大向うの方にはPCR検査や抗原検査をしてもらって大向うだけでも再開できないか制作に希望を出しているのだが、良い返事が全く返ってこない。感染病の専門家から許可が出ないのだろうか。舞台で大声でマスクなしでセリフを言っているのに、、、満席にできない分せめて大向うだけでも復活できないのだろうか。客席と舞台の一体感には大向うは欠かせない。歌舞伎らしさを取り戻したい。

今月は久しぶりに同年代の芝翫さんと共演で初役の「絵本太功記」真柴久吉を努めている。
亡くなった先代辰之助のお兄さんの久吉がなぜか強く目に残っている。
お兄さんが久吉を務めた時父が操を務めていたのでよく見ていこともあるのだけれど、お兄さんのイメージが残っている。言い方がうまくないが久吉がそこに出てきた。
役の大きさが出なくてはいけない役だが、技術や考えてできるものではなく年輪とかが必要になってくるのだろう。還暦になったがなかなかその久吉としての大きさを出すことが難しい。

IMG_20210409_0012.jpg

IMG_20210409_0008.jpg

写真:歌舞伎座

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「3.11」

2021年3月11日

3月歌舞伎座公演も客席稼働50%上限・大向う禁止・演奏者マスク着用などの条件で引き続き3部制での上演となっています。
そして迎えた3.11。今日は歌舞伎座は昨年から新設された休演日に当たり公演はお休みです。
東日本の震災の日を休みに当てたのは偶然か意図的かは分かりませんが、改めて犠牲者の方々へ追悼を国民の一人として捧げます。
TVでは当日の映像が繰り返し流され、自然災害の恐怖、原発の事故も改めて記憶を甦らします。被災した当事者でない私はその実体験をもとにしての言葉は発しられません。皆さんの感じた絶望と喪失感は当事者しか理解できないと思っています。頑張ってくださいなんて簡単に言えるレベルの話ではないのでしょう。
絶望の中から生きていくという強靭な精神力で復興に向けて歩み出されている皆さんに、生きる希望を感じていただくのが政治家の第一の仕事ではないでしょうか。
そして私たちは機会があれば日常の中での皆さんの心の癒しとなることが仕事です。
震災後に巡業で東北で公演をさせて頂きましたが、日常を忘れ少しでも心の癒しのお手伝いができたのでしょうか。計り知れませんが、何よりも真摯に舞台を務めること。それに尽きるのではないでしょうか。
再開される明日からの舞台、大袈裟なようですが、どんな役でも舞台で真摯に演じることが私の生きる価値だと再確認しました。

今月の舞台から
「猿若江戸の初櫓」奉行板倉勝重

IMG_20210311_0004.jpeg

IMG_20210311_0010.jpeg

この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「「夕霧名残の正月」」

2021年1月16日

コロナによる緊急事態宣言を受け歌舞伎座3部の開演時間が繰り上げとなりましたが、収容人数を制限しながらの上演は許可され、昨年のような公演中止に追い込まれなかったことは演劇界にとっては朗報です。
中日も過ぎ舞台写真入りパンフレット販売も再開されましたので舞台写真を何点が掲載します。
前回の夕霧とは着付けの色と内側の色を双方とも変えて、掛けの丈を伸ばしました。
私の出演部分の演出はほぼ変えずに努めています。

今回の「夕霧名残の正月」は坂田藤十郎を偲ぶと題して上演させて頂いています。
父はこの演目で藤屋伊左衛門しか努めていないので、夕霧はもし父が努めたらどうな風だったかと想像しながら夕霧になっています。
先月の"吃又"のおとくも劇評にもう少し情が濃く出れば藤十郎の至芸に近付けると書かれましたが、父を意識しつつ自分なりの物が出来るかが今後の目標になっていくのでしょう。
しかし、成駒屋代々が持っている家の味のような物。二枚目を中心とした芸風といった物がベースになっていなくては自分の目指しているところには行けないのでしょう。それがどこなのか、なんなのかを探して行く還暦からの旅の始まりです。

IMG_20210107_0003.jpg

IMG_20210107_0005.jpg

IMG_20210107_0009.jpg

IMG_20210107_0010.jpg

この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「久しぶりに舞台写真入りパンフレット販売」

2021年1月16日

IMG_2060 2.jpeg

今月の舞台写真掲載のプログラムが17日から劇場で販売が始まります。
ご希望があれば私がお名前を書いてサインしたものをご郵送致します。

一部¥1,800(送料・消費税込み)

尚、いつも行っていた劇場受け渡しは今回、コロナの為できませんので、郵送のみの受付となりますのでご了承下さい。

ご希望の方はお名前ご住所を明記のうえ
下記のアドレスに部数を添えてお申し込み下さい。
入金方法を折り返しお知らせします。入金確認後に郵送させて頂きます。

suzumenokai@senjaku.com

締め切りは27日千穐楽正午(12時)とさせて頂きます。

コロナの影響で対面販売も出来ない状況が続いていましたがやっと舞台写真入りのパンフレットの販売が再開されましたので、劇場にいらっしやれない方にも是非舞台の雰囲気をお手元で楽しんで頂けたら幸いです。

皆様のご応募お待ちしています。

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「令和3年初春大歌舞伎初日」

2021年1月 2日

コロナ禍の中、新しい年の初日を迎えました。

今月は藤十郎を偲んでと題して「夕霧名残の正月」を例年の松竹座と違い歌舞伎座にて上演し"扇屋夕霧"を努めます。
昨年11月12日に没した父が、231年ぶりに復活襲名した坂田藤十郎の初代が当てた狂言を現代に甦らした演目です。
初演の資料はほとんどなく一から作り直した作品で舞踊劇としての色合いが濃いい作品です。「吉田屋」と違って夕霧が亡くなった後に伊左衛門が訪ねてくる設定になっていますので、前回の上演から夕霧の登場を夢の中の設定としてその部分を色濃く出しています。

昨年1月の松竹座で努めた時の写真です。
今回は衣装を着付けの裏側や掛けの寸法など前回と多少変えています。

先ほど緊急事態宣言を国に要求というニュースが流れましたが、無事に千穐楽まで努められることを願って歌舞伎座に向かいます。

ちなみにこの扇屋は大阪新町に実在し。曽祖父初代中村鴈治郎の実母妙はその扇屋の娘でした。私の家にも由縁の深い家なのです。

皆様のご来場を歌舞伎座にてお待ちしています。

IMG_20210102_0001.jpg

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「古典芸能への招待「京の師走の華 顔見世歌舞伎」」

2020年12月26日

12月27日(日) 午後9:00~午後11:00(120分)

19日に千穐楽を迎えた今年の南座顔見世興行の出演演目が抜粋ではありますが明日放送されます。

『傾城反魂香』土佐将監閑居の場
女房おとく

又平を努めた兄鴈治郎との対談の映像もございますので是非ご覧下さい。

https://www.nhk.jp/p/kotenshoutai/ts/VV8Y68GWZ5/

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)