中村扇雀の公式ブログ

「本日のWOWWOWお見逃しなく!「足跡姫」」

2017年5月 5日

http://www.wowow.co.jp/special/012419

今晩19時の放送お見逃しなく。

私も編集を見ていないので皆さんと同じ初見です。

子供の日で行楽にお出かけの方は録画を忘れずに!

この記事のURLコメント(10)トラックバック(0)

「赤坂歌舞伎「夢幻恋双紙」赤目の転生」

2017年4月22日

IMG_20170422_0001-001.jpg

「醍醐の花見」と「帯屋」の間で赤坂歌舞伎観てきました。

一言で言うとまた一つ新しい形の現代歌舞伎が生まれたなと言う思いでした。
映画を見終わった時のような感覚。
ダークファンタジー、と呼べるジャンルに足を踏み入れた気がします。

開演からお客様を引きつけ、集中させる脚本は無駄がなく状況説明も少なく会話劇の中にどっぷりつかってしまいました。
役者さんも皆蓬莱ワールドを理解し表現していたことが引き込まれる要素の一つでもあったと思います。

素晴らしい挑戦であり蓬莱さんという演劇人を歌舞伎界に引き入れた雅行(勘九郎)の功績は大きいと思います。二作目三作目が待たれますし機会があれば是非参加したいというのが本音です。

この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)

「今月の舞台から」

2017年4月21日

昼の部序幕「醍醐の花見」

北の政所

40分程の新作舞踊劇です。
京都の醍醐寺三宝院で秀吉の晩年執り行われた花見をモチーフにしています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/醍醐の花見

「醍醐の花見」: 北の政所

2017年04月12日08時48分55秒.jpg

2017年04月12日08時49分55秒.jpg

昨年の1月松竹座以来の再演となった「帯屋」ですが、上方の役者による上方歌舞伎の上演が歌舞伎座では少なくなっているので、お絹はとても切ない役ですが、85歳の父と共演で和事の舞台をお見せできることは喜びです。


「帯屋」: お絹

2017年04月11日08時45分06秒.jpg

2017年04月11日08時45分46秒.jpg

写真:歌舞伎座

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)

「舞台写真入りプログラム販売開始」

2017年4月21日

四月大歌舞伎の舞台写真掲載のプログラムが20日より販売となりましので、私がお名前を書いてサインしたものをご希望の方にご郵送致します。

5ヶ月ぶりの歌舞伎出演で久しぶりの女形です。

一部¥1.600(送料・消費税込み)

尚、劇場受け渡しご希望の方は引換希望とお申込みの際にお知らせ頂ければ定価にてお渡し致します。

ご希望の方はお名前ご住所を明記のうえ
下記のアドレスに部数を添えてお申し込み下さい。
入金方法を折り返しお知らせします。入金確認後に郵送させて頂きます。

ご応募お待ちしています。
締め切りは26日千穐楽正午(12時)とさせて頂きます

suzumenokai@senjaku.com

IMG_4729.jpg

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「WOWWOW放送情報「足跡姫」5/5」

2017年4月17日

「足跡姫」のWOWWOWの放送日が決定いたしました。

5月5日子供の日の祭日です。

この日は「足跡姫」の前後に野田作品が放映されさながら野田祭りと言った感じです。

「足跡姫」は「野田版研辰の討たれ」とリンクしていますし是非4作品すべてご覧ください!

他の2作品の中にも勘三郎へのオマージュと銘打った「足跡姫」の中に演出を被らせている部分がありますので是非見つけて下さい。

番組の案内は下からリンクして参考になさって下さい!

http://www.wowow.co.jp/special/012419


素晴らしい皆さんとの共演、最高でした!
今でも舞台が蘇ります。
私も放映楽しみです!

「足跡姫」千穐楽の開演前に男性出演者で撮った集合写真です!

IMG_4424.jpg

左から佐藤隆太さん、私、古田新太さん、妻夫木聡さん、野田秀樹さん

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)

「テレビ朝日「スーパーJチャンネル」4/18」

2017年4月17日

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」という番組の
レポーター:ガウさんの取材を先日楽屋で受けました。

4月18日(火)
明日です!
18:15〜18:33頃
特集【初めての歌舞伎座】
のコーナーです。
よかったら見て下さい。

この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「WOWWOW放送情報「足跡姫」」

2017年3月14日

「足跡姫」

5月にWOWWOWで放送が決まりました。

見逃したどうしても見たい方、そして劇場で見たけどもう一度見たい方。

5月までにWOWWOWに加入して下さい。
決して宣伝ではありません。
ご案内です !

詳しい日時はまたご報告致します。

この記事のURLコメント(10)トラックバック(0)

「「伊達の十役人」を振り返って」

2017年3月14日

「足跡姫」の私の役名は「伊達の十役人」

即ち十人の人物を野田さんに割り当てられました。

主要キャストはりえちゃん演じる三、四代目出雲阿国の一座の劇団員で、私がその女歌舞伎一座を取り締まる役人側に一人回ったのです。

パンフレットに各役名画記載されていないのでここに掲載致します。
ご覧になった方で全て覚えていらっしゃる方はいらっしゃらないと思いますので(笑)。

一役人目・真立屹立の助兵衛(まだてきつりつのすべえ)  左上
二役人目・御縄田奮縛助兵衛(おなわだふんじばるのすけべえ) 右上
三役人目・役人役役者タダノスケベエ(やくにんやくやくしゃただのすけべえ) 左2番目
四役人目・好色分り屋助兵衛(こうしょくわかりやすけべえ) 右2番目
五役人目・大岡越前戯の守忠相兵衛(おおおかえちぜんのかみただすけべえ) 左3番目
六役人目・里見八犬伝言助兵衛(さとみはっけんすけへえ) 右3番目
七役人目・案外柔軟助兵衛(あんがいふれっくすけべえ) 左4番目
八役人目・丸投左連太郎衿人(まるなげされたろうえりーと) 右4番目
九役人目・丸投左連太郎衿人(まるなげされたろうえりーと) 左5番目
十役人目・松平家老死寸前の紙(まつだいらかろうしすんぜんのかみ) 右5番目

注:八・九役人目野田さんが演じた双子でしたので実際私が演じたのは8役人です。

早拵え歌舞伎並みに大変でした。
計14回着替えていました。

Desined by ひびのこずえ

IMG_4435.jpgIMG_4436.jpg


IMG_4439.jpgIMG_4571.jpg


IMG_4450.jpgIMG_4442.jpg


IMG_4443.jpgIMG_4449.jpg

この記事のURLコメント(8)トラックバック(0)

「「足跡姫」千穐楽」

2017年3月14日

昨年の12/8篠山紀信さんのパンフレット撮影に始まり12/12に稽古開始。
その稽古初日に台本の完成版が手渡され野田さんの全編本読みがあり作品の全貌が明らかに
なり「足跡姫」が歩き出しました。
約一週間の本読みが続き稽古スタジオに本番同様の3.55%の傾斜の付いた舞台が組み立てられ初めて見る傾斜の付いた回り舞台が姿を表しました。

稽古は12:00〜19:00のスケジュールで連日続き12/31〜1/2の稽古休みをはさみ1/12に芸術劇場プレイハウスに稽古場を移し1/17のゲネプロを終え1/18に初日開幕。

全61回の公演を欠かすこと無く五万人弱のお客様にご来場いただき3/12無事に千穐楽。

まずはご来場して下さった全てのお客様に改めて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

そしてすべての関係者・スタッフそして共演のキャスト全員に感謝とありがとうの言葉を贈りたいと思います。素晴らしい日々でした。

今回の出演にあたり勘三郎へのオマージュと言う野田さんの言葉を知ったのは、私自身はパンフレットを見たときでした。
昨年の2月野田マップ前作「逆鱗」を芸術劇場に行った観劇後に野田さんから本作の出演依頼を頂きました。しかしその時は「今までにない芝居を作りたい。江戸時代の話なんだ。」
それ以上の説明はありませんでした。

私自身は4ヶ月歌舞伎を休むことになり12月の京都顔見世は雀右衛門襲名1月の松竹座は芝翫襲名2月歌舞伎座は勘太郎・長三郎初舞台と大事な公演の出演は見送ることとなります。
しかし以前から野田さんと舞台を作りたいという願望が有った私は松竹の安孫子副社長と相談の結果出演が叶ったのです。

千穐楽を迎えた日、実は勘三郎さんがなくなった時に覚えた喪失感や惜別の念に襲われていました。それだけ野田さんの脚本と演出そして出演者皆さんのエネルギーは素晴らしかった。観客の言葉のように聞こえますが正直な私の感覚です。

舞台の上にいながら客席の皆さんと感情が一緒になっていました。

最後のカーテンコールでスタンディングオベーションとなった時、過去の平成中村座やコクーン歌舞伎そして野田版の歌舞伎等々で味わってきた感動が蘇り、勘三郎さんの気配を感じ舞台袖に戻った瞬間涙腺は緩んでいました。

その瞬間を人生経験の一幕に加えられたことそして勘三郎さんのお兄さんや三津五郎のお兄さんとオンタイムで時間を共有できた幸せを改めて感じました。

そしてこの「足跡姫」は自身の臨終の瞬間に思い出す作品の一つになったと確信しています。

なにもないゼロから「足跡姫」を生み出した野田さんの底知れない力、そしてそれを具現化したキャスト・スタッフすべて本当に素晴らしかった。私も入っているので自画自賛のようになってしましますが、その場に居られたことに喜びを感じていることを表現したいのでお許し下さい。

2017年03月14日09時39分15秒.jpg

大入袋の上が少し破れているのは大入袋を振って中のコインを出し共演者と交換するという儀式を行ったためです。歌舞伎役者はいつも顔を合わせているのでこの儀式?はしないのでは初めての経験でした。千穐楽でバラバラになる共演者との再会を誓うものだそうです。
因みに私は舞台上で愛人だった鈴木杏ちゃんと交換いたしました!

プログラムの表紙と裏面
PDFですのでクリックして下さい。

足跡姫パンフレット表紙.pdf
足跡姫パンフレット裏.pdf


この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)

「W受賞おめでとう!」

2017年3月 4日

皆さんも既にご存知でしょうが、昨日の第40回日本アカデミー賞で「足跡姫」で共演中の
宮沢りえさんが最優秀主演女優賞そして妻夫木聡さんが最優秀助演男優賞をW受賞しました!
おめでとう!!

先日は鈴木杏さんが読売演劇大賞に最優秀主演女優賞を受賞し美術の堀尾さんは読売演劇大賞を受賞され凄い方たちと毎日舞台に立っているのが幸せです。

現代は映像も含め演劇の裾野が大きく広がり多くの才能のある方が各方面で活躍されています。
歌舞伎が生まれた400年前にはその殆んどの才能が歌舞伎に集中していて劇場も多く競争も激しく、その為物凄いスビードで歌舞伎が進歩発展していったのだと思います。
勘三郎さんはそういった各方面の才能を歌舞伎に取り込もうとしていた過程に野田さんとの出会いがあり、その延長線上に今回の「足跡姫」が生まれたような気がします。

その公演に唯一の歌舞伎役者として出演していることに心から喜びを感じています。
千穐楽の12日まで残り11公演となりました。
まだご覧になっていない方当日券ございます。
是非いらして下さい。

勘三郎さんの足跡(あしおと)に触れられます。

この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)