中村扇雀の公式ブログ

「雑誌対談のお知らせ」

2018年2月12日

只今販売中のGOLFTODAY3月号に片山晋呉さんとの対談が掲載されてます。
歌舞伎以外の方との会話はとても楽しく是非御覧下さい。


IMG_6492.jpg

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「高麗屋三代襲名披露」

2018年1月26日

平成30年、今年も昨年に続き東京で新年を迎えることとなりました。

松竹座には昨年一度も出演が叶わず一昨年の新春歌舞伎以来大阪の舞台に立てておらず残念に思っています。

そして本年初春は高麗屋さんの三代同時襲名というおめでたい歌舞伎座の興行に出演を致しました。
本日めでたく盛況の中千穐楽を迎えました。

しばらくお休みしていましたブログを再開させて頂きます。
お待たせして申し訳ございませんでした。

今月の歌舞伎座では昼の部で「七福神」の"弁財天"を夜の部で「口上」と「相生獅子」の
"姫"を努めました。
「七福神」長唄のご祝儀曲として有名でよく素踊りで独り立ちで踊られるものですが、今回は本公演の為に曲や振り付けを新しく作ったもので、七福神全てが登場し大道具も大掛かりな宝船が出現して短い中にもお正月と襲名を祝う狂言となりました。
紅一点の"弁財天"で出演しましたが気持ちのよいもので襲名をお祝いできたと思っています。

「七福神」"弁財天"
弁財天2.jpg

弁財天1.jpg

そして22名の役者さんが居並ぶ「口上」は幕が開いた時のどよめきが耳に残っています。
この大人数は客席から見たら壮観だろうなと思い連日お辞儀をしていました。
ただ人数が多い分当然時間も長く正座をしていると足がしびれる事がありますが付いている手がしびれてくる経験はあまりありません。しかしそれも新しい門出のお祝いと思えば全く苦になるものではなくむしろ楽しんでしました。

襲名は本人は行事が多く又舞台も大きな役を先輩たちと努めなくてはいけなく、本人の苦労は周りの想像を超えますが、周囲で盛り立てていくことが歌舞伎の伝統なのではないでしょうか。
本当におめでとうございます!

「口上」

口上.jpg

「相生獅子」の"姫"ですが平成17年の1月松竹座で孝太郎さんと踊って以来の再演です。
前回は一段ものとして上演して後に女形の毛振りをお見せしましたが、今回は「三人形」と上下の演し物となりましたので時間の関係上等で毛振りがなく残念というかお客様に申し訳ない気持ちでした。この場をお借りしてお詫びいたします。
次回上演の機会には必ず毛振りを努めたいと思っています。

「相生獅子」"姫"
相生獅子2.jpg

相生獅子3.jpg

相生獅子1.jpg

写真:歌舞伎座

来月は二年半ぶりの博多座で初役の"渡海屋女房お柳実は典侍(すけ)の局"を努めます。
三大狂言の1つ「義経千本桜」の中で登場する女形の役では一番やりがいのある役だと思っています。若手のみんなと客様に満足していただく舞台を目指して博多へ行ってきます。

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「野田歌舞伎」

2017年8月21日

6月名古屋平成中村座公演、7月公文協地方巡業、そして今月の8月納涼歌舞伎公演と休みがなく公演が続きブログを長く更新していませんでした。

久しぶりの書き込みで、まずは今月の歌舞伎座の野田版「桜の森の満開の下」について。

この作品は野田さんが夢の遊眠社時代に書き下ろした代表作の一つです。

かつて野田歌舞伎で上演の予定がありました。
しかしその時には実現せず念願の第四弾の野田歌舞伎での上演となり、勘三郎のお兄さん没後5年の今年、野田歌舞伎の発祥である納涼歌舞伎でついに「桜の森の満開の下」上演の機会にめぐまれました。野田さん自身も新しくなった歌舞伎座での初仕事となります。

今年の「足跡姫」に続き年に2回も野田さんと仕事が出来るのは嬉しい限りです。

歌舞伎公演は25日間休み無しの公演が通常ですので自ずと1ヶ月の残り日数を考えると稽古は4日前後となります。前ということは演目により3日間の場合もあります。

今回の上演にあたり稽古は7/5から始まりました。
8/9という初日を考えると1ヶ月以上前からの稽古は現在の歌舞伎の中では異例であることは間違い有りません。
しかし私自身は公文協の「八代目中村芝翫襲名披露興行」に出演しているため稽古に参加出来ず、7/31迄公演が続くため8/1からの参加となりました。
新作(特に野田さんの作品)は稽古を重ねることで作品が形作られるので参加できなかったことが何よりも残念でなりません。
しかし、公演の合間縫って7/13にすみだパークスタジオに一度参加し、7/21京都府舞鶴公演のあと、大阪松竹座公演終演後に染五郎さんのために野田さん勘九郎さん七之助さん達が東京から1日だけ入り21時から松竹座の稽古場で立ち稽古が行われたところへ電車を乗り継ぎ参加しました。7月中は2回しか参加出来ませんでした。
それでも8/1から参加で初日まで8日間の中で皆に追いついていかなくてはなりません。

けれども芝居の空気感を体に染み込ませるには充分な日にちとは言えないのです。
そして僕が稽古に参加する直前に勘九郎さんが稽古中に膝を痛め彼なしの稽古が3日続き
1日臨時の稽古となり初日迄正直充分な稽古を勘九郎さんとは重ねられませんでした。
それは松竹座にでていた染五郎さんも同じことだったのではないでしょうか。

劇場には8月5日から入ったのですが、そうなるとテクニカルの方へ重点が置かれ、また他にも多くの公演が控え稽古も連日深夜に及び初日を迎えることとなりました。

この作品は過去に野田さんの公では3回上演されています。
私は2度目の公演を大阪中座で見に行っていました。夢の遊眠社公演を初めて舞台を観させていただいたのですがその時の衝撃は忘れません。野田さんの耳男、毬谷友子さんの夜長姫は鮮烈でした。

芝居の全体像を理解できたかというより野田さんの芝居を創るエネルギー、言葉のスピード語句、体の動きに圧倒された印象でした。

今回の野田歌舞伎の意義は計り知れないと思っています。
というのは野田さん自身は将来の古典となることを目指している点です。
これまでの野田歌舞伎3作品ももちろんそうですが亡き勘三郎のお兄さんの存在が合って作品が作られていましたが今回はお兄さん無しで野田歌舞伎の新作に取り組めたことに意義を感じています。

この新しい一歩に参加できたことは私自身にも意義のあることでした。

ヒダの王
ヒダの王1.jpg

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「本日のWOWWOWお見逃しなく!「足跡姫」」

2017年5月 5日

http://www.wowow.co.jp/special/012419

今晩19時の放送お見逃しなく。

私も編集を見ていないので皆さんと同じ初見です。

子供の日で行楽にお出かけの方は録画を忘れずに!

この記事のURLコメント(10)トラックバック(0)

「赤坂歌舞伎「夢幻恋双紙」赤目の転生」

2017年4月22日

IMG_20170422_0001-001.jpg

「醍醐の花見」と「帯屋」の間で赤坂歌舞伎観てきました。

一言で言うとまた一つ新しい形の現代歌舞伎が生まれたなと言う思いでした。
映画を見終わった時のような感覚。
ダークファンタジー、と呼べるジャンルに足を踏み入れた気がします。

開演からお客様を引きつけ、集中させる脚本は無駄がなく状況説明も少なく会話劇の中にどっぷりつかってしまいました。
役者さんも皆蓬莱ワールドを理解し表現していたことが引き込まれる要素の一つでもあったと思います。

素晴らしい挑戦であり蓬莱さんという演劇人を歌舞伎界に引き入れた雅行(勘九郎)の功績は大きいと思います。二作目三作目が待たれますし機会があれば是非参加したいというのが本音です。

この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)

「今月の舞台から」

2017年4月21日

昼の部序幕「醍醐の花見」

北の政所

40分程の新作舞踊劇です。
京都の醍醐寺三宝院で秀吉の晩年執り行われた花見をモチーフにしています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/醍醐の花見

「醍醐の花見」: 北の政所

2017年04月12日08時48分55秒.jpg

2017年04月12日08時49分55秒.jpg

昨年の1月松竹座以来の再演となった「帯屋」ですが、上方の役者による上方歌舞伎の上演が歌舞伎座では少なくなっているので、お絹はとても切ない役ですが、85歳の父と共演で和事の舞台をお見せできることは喜びです。


「帯屋」: お絹

2017年04月11日08時45分06秒.jpg

2017年04月11日08時45分46秒.jpg

写真:歌舞伎座

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)

「舞台写真入りプログラム販売開始」

2017年4月21日

四月大歌舞伎の舞台写真掲載のプログラムが20日より販売となりましので、私がお名前を書いてサインしたものをご希望の方にご郵送致します。

5ヶ月ぶりの歌舞伎出演で久しぶりの女形です。

一部¥1.600(送料・消費税込み)

尚、劇場受け渡しご希望の方は引換希望とお申込みの際にお知らせ頂ければ定価にてお渡し致します。

ご希望の方はお名前ご住所を明記のうえ
下記のアドレスに部数を添えてお申し込み下さい。
入金方法を折り返しお知らせします。入金確認後に郵送させて頂きます。

ご応募お待ちしています。
締め切りは26日千穐楽正午(12時)とさせて頂きます

suzumenokai@senjaku.com

IMG_4729.jpg

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「WOWWOW放送情報「足跡姫」5/5」

2017年4月17日

「足跡姫」のWOWWOWの放送日が決定いたしました。

5月5日子供の日の祭日です。

この日は「足跡姫」の前後に野田作品が放映されさながら野田祭りと言った感じです。

「足跡姫」は「野田版研辰の討たれ」とリンクしていますし是非4作品すべてご覧ください!

他の2作品の中にも勘三郎へのオマージュと銘打った「足跡姫」の中に演出を被らせている部分がありますので是非見つけて下さい。

番組の案内は下からリンクして参考になさって下さい!

http://www.wowow.co.jp/special/012419


素晴らしい皆さんとの共演、最高でした!
今でも舞台が蘇ります。
私も放映楽しみです!

「足跡姫」千穐楽の開演前に男性出演者で撮った集合写真です!

IMG_4424.jpg

左から佐藤隆太さん、私、古田新太さん、妻夫木聡さん、野田秀樹さん

この記事のURLコメント(4)トラックバック(0)

「テレビ朝日「スーパーJチャンネル」4/18」

2017年4月17日

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」という番組の
レポーター:ガウさんの取材を先日楽屋で受けました。

4月18日(火)
明日です!
18:15〜18:33頃
特集【初めての歌舞伎座】
のコーナーです。
よかったら見て下さい。

この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「WOWWOW放送情報「足跡姫」」

2017年3月14日

「足跡姫」

5月にWOWWOWで放送が決まりました。

見逃したどうしても見たい方、そして劇場で見たけどもう一度見たい方。

5月までにWOWWOWに加入して下さい。
決して宣伝ではありません。
ご案内です !

詳しい日時はまたご報告致します。

この記事のURLコメント(10)トラックバック(0)