中村扇雀の公式ブログ

2018年4月記事一覧

「岩波文庫「与話情浮名横櫛」」

2018年4月15日

コクーン歌舞伎上演演目
瀬川如皐作「与話情浮名横櫛」が岩波文庫より出版されています。

CA983C56-4D63-4C6D-87AF-E5F215A85DE1.jpeg

かなり分厚い本ですが、初日は5月9日ですので参考に一読をお勧めします。
コクーンでの上演台本は上演時間の関係や演出の串田さんの構想でかなりの部分で手を加えられ創作の部分もありますのでこの原作の流れを一度体験してから舞台を見られるのもまた面白いかもしれません。勿論前知識なしでご覧になるのも楽しみ方の1つですので必ずお読み下さいというものではありませんが、古典に触れる機会が日頃少ないと思い、ご参考までに紹介致します。

この記事のURLコメント(2)トラックバック(0)

「祖父の命日」

2018年4月15日

4月13日は昭和58年に亡くなった祖父2代目鴈治郎の命日です。
35年の月日が流れました。

10日に始まったコクーン歌舞伎の稽古が台本の進捗の都合で休みとなったので、まだ観れていなかった「リメンバーミー」を観るためオープンしたての日比谷ミッドタウンに足を運んできました。
地下鉄の駅とも直結しているので人の数は多いのですが銀座SIXのオープンの時程ではありません。ゆっくり見て回ったわけではありませんが、飲食店に力を入れている印象です。

「リメンバーミー」は今年のアカデミー賞の長編アニメの受賞作ですのでディズニー作品という事もあって楽しみにしていました。
祖父の命日に観ることになったのも何かの縁でしょう。
まさに自分の祖先とのDNAの繋がりの物語で、涙腺を刺激される方は多いのではないでしょうか。映画館の中ではすすり泣く方もいらっしゃり、亡くなった身内が脳裏に浮かび命日だからという訳ではないのですが同じ仕事に就いている事に改めて感謝し嬉しい気持ちになる後味の良い映画で期待通りでした。映画に不可欠な音楽も心地よく、ディズニー映画のお客様を楽しませる力は安定しているので見逃せません。

映画館の客席が本編開始とともに暗くなる瞬間が大好きです。スーと違う世界に引き込まれていく感触。魔法にかかった瞬間です。
今回も必需品のポップコーンと共に約2時間の夢の世界へ誘われて来ました。

祖父の命日に祖父をそして祖母や身近で亡くなった皆んなを思い出しながら帰路につき、素敵な作品に出会えて自分なりに供養ができた良い日となりました。

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「観劇1週間」

2018年4月 8日

4月2日上七軒「北野をどり」
3日宮川町「京をどり」
5日松竹座「ワンピース」
6日御園座「廓文章 吉田屋」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

コクーン歌舞伎の台本が上がってこないのでこの時間を利用して色々観てきました。
客席に座るのは楽しいですね。そして客席に座らないとお客様の気持もわからないなとつくづく感じます。
ただ歌舞伎を観に行くと役者の感覚というか劇評家の感覚というか演出家の感覚というか楽しむ上にいろんなことを感じながら観てしまいます。

御園座の「廓文章 吉田屋」は甥の壱太郎が夕霧で出演していること、そして玩辞楼十二曲の一つであり私にとって家の芸でもあるのでどうしても新幸四郎さんがどのように作り上げているか必ず観たいと思っていました。
玩辞楼十二曲では常磐津での上演となりますが関東の演出は清元での上演となります。
やはりその違いは大きく、観た後の最初の感想は比較するものではないなと言う気持ちでした。
伊左衛門の人物像の作り方も違い、また上方の空気感は清元では出づらいように思います。間のとり方、台詞の粘り方、体のこなし等大きな違いがあります。

私自身は、今後伊左衛門を演じる時に清元での上演はおそらく機会がないと思いますのでとてもいい経験でした。改めて自身の「廓文章 吉田屋」を作る時に大事にしなくてはいけないポイントも見つかり芝居を観ることの重要性を再認識し次第です。

前後しますが「北野をどり」と「京をどり」は4月の公演に出ていると決して観られないので嬉しい限りです。
芸妓さんたちは踊り・長唄・鳴物と普段から常に稽古に励んでいます。その成果を見せるときでもありこちらも楽しみにしていました。前半は舞踊劇で後半は舞踊の構成はどの花街も大抵同じです。
上七軒は今年は動物が出てきて狐と狸の争いに天神さまが出てきて丸く収める筋で作が斎藤雅文さんだったのには驚きでした。新派の演出家で私の「恐怖時代」も演出してもらった方なのでいろんな場所で仕事してるんだなとへんな感心をしてしまいました。
楽しく拝見してました。巧拙よりも演者も観客も理屈抜きで楽しむ事が最も必用なことなのではないでしょうか。開演前にお茶席でお茶を頂きしっかり楽しんできました。

宮川町の「京をどり」は初見なので有名な宮川音頭が何より楽しみでした。
大人数でのテンポの良い群舞、その派手さは見事なもので一見の価値は有ります。
それと同年輩のふく葉さんの踊り、素敵でした。地唄舞を川口流家元故川口秀子さんと吉村流家元故吉村雄輝さんにお稽古をして頂いた経験から正月の松竹座で金屏風だけの舞台面で燭台を立てて地唄舞を舞ってみたいと常々思っていたので、ふく葉さんの舞台に触発されました。是非演ってみたいですね。芸を積み重ねてきた素晴らしさを堪能しました。

「ワンピース」ついに観れました!
Dの配役で猿之助さんがシャンクスで尾上右近君のルフィ、ハンコックの回です。
正直、ワンピース世代ではないのでキャラクターに対する思い入れは決して大きいとは言えないのですが、舞台は楽しかった。お客様の盛り上がりも凄くタンバリンを持って立ち上がっての反応はゆずの曲もノリの良い素敵な曲でさながらコンサート会場でした。
スーバー歌舞伎という命名は以前から的を得ているなと思っていましたがまさにスーバーだったと思います。役者も生き生きしていて客席に十分その熱意は伝わっていました。
先日の「東海道四谷怪談」も、、、いのうえ歌舞伎の劇団☆新感線も花組芝居も滝沢歌舞伎も、もとネタは歌舞伎ですから我々歌舞伎の可能性の広さに改めて気付かされます。

これも以前から思っていたことですが、シェイクスピアもTシャツとGパンで演じることもあるわけですから、歌舞伎座で洋服の古典が不可能ではないのかもしれません。
などと終演後ミナミの行きつけの店で夢想の中に浸っていました。

最後に「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
皆さんは映画1人で見る派ですか、それとも複数で見る派ですか。
私は圧倒的に1人で見る機会が多い側です。塩味ポップコーンと共に。
年間を通して自宅のケーブルTVやTSUTAYAやネットでかなりの数の作品を見ていると思います。
「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」監督スティーブン・スピルバーグで出演メリルストリープとトム・ハンクスとみただけで絶対に見ようと決めていました。
期待を裏切られることはなかった。アカデミー賞の最優秀主演女優賞にまたノミネートされた演技は相変わらずリアリティに溢れ観客を引きつけてやまない。
ストーリーの運びや緊迫感、見た後の爽快感、ラストシーンの上手さ。
お薦めします。勿論、人それぞれ好みがありますが、私は大好きでした!

この記事のURLコメント(6)トラックバック(0)

「墓参」

2018年4月 1日

鎌倉霊園にある林家のお墓に墓参

桜満開の時期に来れたのは本当に久し振りで心が落ち着きます

IMG_6735.jpg

近況報告に時間が取れたら参ります
お墓は今自分が生きていることへの感謝の原点なので心落ち着きます

先祖は関西ですが祖父二代目鴈治郎は長男ではなかったのでこの鎌倉霊園に先祖の供養塔と林家の墓を両親が建てました

IMG_6729.jpg


お墓で役の報告とか次の役の報告とかしていると思ってもなかった役が浮かび演りたくなってくる事があるのですがそれも先祖からのDNAだと思っています

特に初代鴈治郎は新しいもの好きだったらしいので

今回もまだ演ったことがなく新しく演りたい役がいくつか浮かんできました

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)

「美味しかった!」

2018年4月 1日

NIGOさんプロデュースのカレー屋さんCURRY UPへ初来店
虎之介の一押しバターチキンカレーと自分の好みのキーマカレーのコンビを注文
バターチキンカレーはまろやかでキーマカレーは辛すぎずスパイスが香って癖になる感じ
お米が粒が少し小さめなのかお皿にグッとプレスされて提供されるのですがルーとの相性はぴったりです!普通のカレー屋さんはふわっとしたお米を提供すると思うのですがこのバランスが特徴かもしれません
好みです
タンドリーチキンがメニューにあったのですが今日は無く残念
千駄ヶ谷小学校交差点すぐそばです

IMG_6753.jpg

8CD848FB-EC21-46CC-AE0F-99CA8FB0964C.jpeg

店内の可愛い時計

IMG_6748.jpg

また来ます

この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)