中村扇雀の公式ブログ

「岩波文庫「与話情浮名横櫛」」

2018年4月15日

コクーン歌舞伎上演演目
瀬川如皐作「与話情浮名横櫛」が岩波文庫より出版されています。

CA983C56-4D63-4C6D-87AF-E5F215A85DE1.jpeg

かなり分厚い本ですが、初日は5月9日ですので参考に一読をお勧めします。
コクーンでの上演台本は上演時間の関係や演出の串田さんの構想でかなりの部分で手を加えられ創作の部分もありますのでこの原作の流れを一度体験してから舞台を見られるのもまた面白いかもしれません。勿論前知識なしでご覧になるのも楽しみ方の1つですので必ずお読み下さいというものではありませんが、古典に触れる機会が日頃少ないと思い、ご参考までに紹介致します。

コメント(2)トラックバック(0)

コメント

昨年5月に初めて歌舞伎を観た超初心者です。それからすっかり面白さ(奥深さ?)にはまってしまい自分でも驚いているのですが、歌舞伎を知る前の私は(趣味:読書)でした!私はまだ歌舞伎での「与話情浮名横櫛」を拝見したことがないので、さっそくこの本を入手いたしまして来月のコクーン観劇までに完読したいと思います。
歌舞伎をみていなかったらおそらく手に取ることはなかった本だと思いますので、私にとってはこれも新たな出会いです!

串田さんの創作・・・も含め(先月の花道会講演会に参加させていただき、いろんな楽しいお話しも伺ったので笑)コクーン歌舞伎、とても楽しみにしています!

コメントする

は必須項目です)

 サイト上には表示されません
   
 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.senjaku.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/699