中村扇雀の公式ブログ

「シアターガイド3月号」

2017年2月 2日

シアターガイド最新号に巻頭で出演者対談が掲載されています。

「足跡姫」初日から2週間が過ぎ間もなく1/3となります。
以前にも申しましたが、観劇予定の方は「野田版研辰の討たれ」をご覧いただくことをお薦めします。DVDになっています。
歌舞伎をご覧になったことのない方、勘三郎のお兄さんの舞台をご覧になったことをない方は是非映像を見て頂きたいと思います。
「足跡姫」には直接関係ないのですが関連は有ります。最後の場面の曲『カヴァレリア・ルスティカーナ』の間奏曲が「足跡姫」に繋がっていきます。

又今回「足跡姫」の最後の方で「高坏」という歌舞伎舞踊の音曲も使用されていますが、歌舞伎舞踊の一つで、下駄でタップダンスの様な振りが付いた舞踊で劇場で流れる音は勘三郎さん自身の舞台での音です。

観劇された方は是非ご感想もお寄せ下さい。

昨日の2月1日は昭和10年亡くなった曽祖父初代中村鴈治郎の命日でした。
新しいものが大好きだった曽祖父は「足跡姫」を見てなんと言っただろうなと仏壇に手を合わせながら妄想していました。
楽しんでくれると確信しています。そしてダメ出しもすぐにしてくることでしょう。


IMG_4349.jpg

コメント(12)トラックバック(0)

コメント

お疲れ様です、早速シアターガイドを購入。研辰も映像があるので再度復習していきます。今月後半、お伺いしましたら感想書きますね!

昨日 2回目 観劇でしたが あらすじも 台詞も
知っているのに やはり 新鮮で 笑って 泣かされました
芝居と 言いながら これは 勘三郎さんの 事かなと
何度か 思い どこまで 本当なのか 演出なのか
 不思議な 世界でした。オマージュという事で 野田さんの
勘三郎さんへの思いを 形にしたのかなと その認識だけ持って観たのですが 誰が 観ても 何か感じる舞台かなと思いました  高杯は そうだと 聞いて思いました、あの場面は
野田さんの 気持ちが ストレートに 台詞に なったのか
伝えたい 事なのか 泣けました

歌舞伎座二人桃太郎の初日、仕事帰りに抹茶ラテオールミルク豆乳(^^)を飲みながら、ふと勘三郎さんのことを考えていました。今月は色々な場所で、勘三郎さんに想いを馳せる方は多いだろうと思います。
研辰の討たれの最後『カヴァレリア・ルスティカーナ』のシーンは印象的でした。高坏の、ご本人の舞台音が入っていると伺って心震えます。
三月初めの観劇までは未だ一か月。落ち着きませんが、落ち着いて(^^;)、澄んだ気持ちで臨みたいと思っています。
時節柄、お体を大切になさってください。

足跡姫、拝見しました。ラスト、泣けて仕方がありませんでした。扇雀さんもとても素敵でした。ずうずうしいですが、感想のブログのリンクを貼らせていただきますね。http://mariru.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/nodamap-de18.html

扇雀さんのブログを読んで、あれからずっと辛すぎて見れなかったDVD、研辰を予習のために見ました。
ラストシーンであんなにたくさん「死にたくない!」とおっしゃっていたんだと、改めて涙でした。
明後日の観劇、楽しみに伺います。

昨日は、劇場を出ての帰り道、少し落ち着いてきたら、スゴいものを見てしまったなと、ずっしり胸にこみ上げてきました。
きっとこうやってこれからも、こういう気持ちと向かい合っていかなければいけないんだろうなと思いました。
どうぞ楽日まで、体調など崩されませんように。

コメントする

は必須項目です)

 サイト上には表示されません
   
 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.senjaku.com/cgi/mt4/mt-tb.cgi/666